遠景のビルボードテクスチャを  より鮮明にする方法

画作り

屋外のシーンを遠くまで作るのは大変です。

普通に作っていたらコスパが悪過ぎるので、

写真を板に貼り付ける「ビルボード」をよく利用します。

 

Unity ビルボード

現地で撮影した写真を切り抜き

Quadに貼り付けてスケールを調整するだけ。コスパ良過ぎます。

Unity ビルボード

Unity ビルボード

 

しかし、よく見るとやたらボケていませんか?

テクスチャは2Kもあるのに、全く繊細さがありません。

これでは、折角の情報量満載の写真素材が台無しなので、何とかします。

 

 

 Mip Map とは

簡単に言えば、遠くに位置するオブジェクトのテクスチャ解像度を下げて、

レンダリングコストを最適化する・・・的な機能です。

基本的にはいい奴ですが、こいつのせいで折角の高解像度テクスチャがぼけてしまうのです。

 

Unityではデフォルトで Mip Map が生成されるように設定されています。

Unity ビルボード

 

かと言ってこのオプションを切ると、

画はシャープになりますが、少しカメラが動いただけでジリジリとジャギーが発生します。

柵や街頭の箇所のような、直線部分は特に目立ちます。

Unity ビルボード

 

しかし、このシャープさは欲しい。

シャープで且つジャギーが目立たない方法は無いものか・・・・

 

 

 虎穴に入らずんば虎子を得ず

敢えてテクスチャにぼかしを入れます。(RGBA)

Unity ビルボード

 

こうすることで、Mip Map 無しでもジャギーが目立たず、

且つ、Mip Map 有りの場合よりも鮮明な仕上がりを得ることができます。

Unity ビルボード

Show Comments0

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)