多人数同時VR安全教育システム _ 東日本旅客鉄道株式会社新潟支社様

教育・訓練VR
Gear VR
実写+CG合成

最先端の技術を活かし、労働災害ゼロを目指す「体験型教育」

これまでJR東日本新潟支社では、線路関係の工事を担当する現場スタッフに、安全教育の一環で、実際に車両の運 転席に乗車し、運転手からの視線を体験するという教育を行なってきました。しかし、危険な作業を目の当たりにする事ができない為、危機意識を持つ事ができず、より効果的な教育手段の開発は喫緊の課題となっていました。そこでVR技術に着目し、今回のシステム開発依頼に至りました。実際の車両の運転席から約15分間の道程の360°実写映像を撮影しました。映像素材に様々な作業を行なっている作業員を3DCGによって合成、中には危険行動を取っている作業員もいるというVR映像を完成させ、約6分間のコンテンツに仕上げました。安全教育受講者は映像をモバイルタイプのVRゴーグルで閲覧し、危険行動を取っている作業員を指摘・回答していくという内容の教育を受け る事ができます。本案件では、多人数に対しての教育を想定し、モバイル型のHMDを導入。講師側はタブレットを操作し、同時スタート、停止、頭出し、スロー再生等の命令を与える事が可能です。また受講者それぞれのスコアの確認、出題番号による正答率の出力機能も備えています。

関連商品

安全体感教育 VR

建設現場教育 株式会社明電舎様

教育・訓練 Vive

施工管理者向けVR教育システム

建設現場教育 株式会社大林組様

教育・訓練・Vive

VROXが展開する教育VRソリューション

産業界の人手不足によりバーチャルを使用した教育、研修、訓練の重要性が増しています。モックアップ制作や研修施設建設、研修所までの移動コスト等の削減効果も期待できます。今後AR、MRを利用し、現場とオフィスを繋ぐソリューションも開発予定です。