Loading...

実空間の情報化によるデジタルツイン構築

国交省が掲げる i-Construction に対応した、
建設現場の点群データ計測や、ドローンで撮影されたオルソ画像。
改修工事などにおける図面化されていない既存建物の測量、
3次元計測された現場の情報に基づいて3D空間データとして復元。
任意の箇所の計測、平面、断面形状の取得など
いつでも撮影時の状況を確認し、
複製された空間データとして活用する事が出来ます。

点群撮影
Point Cloud Scan

撮影機材にはFARO社による世界最高峰の3DレーザースキャナFARO Focussを使用。 世界中の多くの現場で使用されている3次元測定器メーカーの1社で、非常に高い精度で空間情報を計測、点群データを取得して、様々なシーンで活用するためのマスターとなる情報を構築します。

フォトグラメトリ
Photogrammetry

レーザー計測とは異なる手法によるもうひとつの3Dスキャン。カメラやドローンを使って、あらゆる方向からの写真を撮影。複数の画像から計算し、推定された3Dメッシュを構築します。
空撮による上空からの視点のようにレーザースキャナでは計測しきれない範囲や、小回りの利く一眼レフカメラでの撮影などにより、点群データとは違ったアプローチで、空間のデジタルツインを構築します。

「点群データの有効活用」をご提案します。

「点群データを撮ったものの、活用出来ていない」という声を頻繁に耳にします。
データが非常に重く開けない。
点群のままでは扱いづらい。
どう使えば良いか持て余している。

そんな課題を積木製作が解決します。

3DCG, BIM, XRの豊富な開発ノウハウを活かし、
点群データの撮影から活用までワンストップでご提供します。