Loading...

先端技術コンサルティングサービス

VR/BIM/点群/3DCG
各分野に精通したエンジニアが御社の技術課題を解決。
ソフトウェアの使い方から導入をサポートし、
アプリケーション開発の内製化を後押しします。

専門スタッフによる的確な技術サポートで
アプリケーション開発の内製化を実現させます

アプリケーション開発には様々な知識が必要です。積木製作はコンテンツ開発に必要な知識
(CADの扱い、3Dモデルの作成、プログラミング、最新デバイスへの導入方法)を多くの実績の中で積み上げて来ました。
各ワークフローごとに専門知識のあるエンジニアが担当することで、クオリティの高いコンテンツを生み出しています。

CAD/BIM/点群/3Dモデルを最大限に活用するための最適なコンサルティングを。

3DCG, BIM, XR, 点群の開発で培われた豊富な知識を、プロフェッショナルな各分野のエンジニアが、御社の技術課題を解決し、様々なソフトウェアの使用方法を丁寧にレクチャーするため、最短・最適フローで非常に効率的なシステム導入の技術支援を行い、自社アプリケーション開発の内製化を実現させます。

想定プロジェクト例

BIMデータ×VR×現場研修

【施工管理者向けVR教育システム】
大林組様との取組みで制作したVR 教育ではBIMデータを使用し、VR教育ができるシーンの構築を実施しました。BIMデータとVRを組み合わせて、臨場感のある教育システムを構築する事ができます。

点群データ×VR×建築プレゼンテーション

【UnityJapanOffice Project】
UnityのJapanオフィスを3Dスキャンし点群データを取得。その形状情報を元に現実と見間違う程の精度の3DCGデータを構築、VR化しています。お手持ちの点群データ、3Dデータを活用し、魅力的なプレゼンテーションを構築する事が可能。

リモートでも効果的なサポートをご提供。

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて各企業で急速にテレワーク導入が進む中、弊社は対面と同等のコンサルティングは当然のこと、リモートであっても十分なクオリティで成果を出すことができるよう、場所にとらわれない支援を可能にし、フレキシブルな時間単位でのサービスを提供、Withコロナ時代の技術支援を行います。

このようなお客様に・・・

・点群データを持っているが、どのように活用していいか分からない
・手持ちの3D-CADやBIMデータを使用してシミュレーションや技術教育や安全講習に活かしたい。
・AR/VR/MRなどのコンテンツ制作を最短で内製化したい。

こんなお悩み・技術課題を抱えるお客様に最適な技術支援を提供します。
お問い合わせフォームから、お気軽にご相談ください。

「何ができるのか」コンサルティング例


BIM×VR×安全教育

BIMデータを用いたVR体験、更に安全教育のシナリオを体感することで、現状のDVD、教本などで行われている安全教育に代わるものをご提案できます。

BIM×MR×現場シミュレーション

BIMデータを用い、HoloLensによって、現場にBIMモデルを出すことで、設計検討や事業説明などに利用されています。

点群×VR×災害シミュレーション

VR上で表示し、火災、津波などの災害シミュレーションを体験できます。点群データを使うことで、現状の状況を再現し、ハザード計画検討に利用することができます。

BIM×VR×安全教育


BIMデータを用いた設計情報を再現したVR空間に安全教育のシナリオを反映させ、
従来のDVD、教本にとどまらない、より現場実習に近い体感型の安全教育が実施できます。
STEP1 BIMデータを整理

BIMデータが持っている情報はそのままVRに取出す事が可能です。テクスチャマッピングもそのまま利用できます。安全教育などのシナリオに沿ったコンテンツを作る際は、必要に応じて3Dモデル(人物や道具、資材など)を追加します。

STEP2 Unityへのコンバート

整理、追加したモデルデータをUnityに取り込んで確認します。コンバートした段階でデータの不足、破損箇所をUnityの画面上で確認します。ライティング(照明)の設定もこの時に行います。

STEP3 システムの設定

メニューの追加、VRへの書き出し準備、教育プログラム(プログラム言語はC#)、キャラクターのアニメーション、音声、効果音など、必要なシステムや機能を設定。実際に運用されている安全教育マニュアルに沿って、現場での運用時と相違のない現実的なシナリオを構築します。

STEP4 VR上で確認

アプリとして完成した後は、実機で体験しながら最終確認を行ないます。VRとして体験しながら確認することで、体験時の細かい違和感を埋めていきます。

BIM×MR×現場シミュレーション


HoloLensを使って施工や作業の現場にBIMモデルによるMR表示を重ねることで、
明確なイメージを共有し、設計検討や事業説明、作業支援などに利用できます。
STEP1 BIMデータを整理

MRで大規模のBIMデータを表示させるためには、そのままでは処理が重すぎるため、必要なモデルデータの整理や間引きを行い、表示させたいデータにまとめます。

STEP2 Unityへのコンバート

整理したモデルデータをUnityに取り込んで確認します。コンバートした段階でデータの不足、破損箇所をUnityの画面上で確認します。

STEP3 システムの設定

操作用のメニューの追加と設定、MR表示の書き出し準備、必要な機能の込々(プログラム言語はC#)、アニメーションの追加など、必要なシステムや機能を追加していきます。現場シミュレーションのシナリオでは、1/1モデル表示のための機能を追加していきます。

STEP4 VR上で確認

アプリとして完成した後は、実機で体験しながら最終確認を行ないます。建設現場で利用する場合は、現場での位置調整が必要になります。現地の地形にあった方法をご提案致します。

点群×VR×災害シミュレーション


VR上で表示し、火災、津波などの災害シミュレーションを体験できます。
点群データを使うことで、現状の状況を再現し、ハザード計画検討に利用することができます。
STEP1 BIMデータを整理

大規模の点群データをそのまま使うと動作が重くなってしまう可能性があります。点群データを間引いたり、表示したい範囲を整理します。災害シミュレーションで必要な3Dデータ、例えば重機や人物を追加で用意します。

STEP2 Unityへのコンバート

整理したモデルデータをUnityに取り込んで確認します。コンバートした段階でデータの不足、破損箇所をUnityの画面上で確認します。

STEP3 システムの設定

メニューの追加、VRへの書き出し準備、教育システムの込々(プログラム言語はC#)、アニメーションの追加など、必要なシステムや機能を追加していきます。災害シミュレーションでは、実際の災害回避マニュアルに沿って、現実に起こりうるストーリーを想定したシナリオを構築します。

STEP4 VR上で確認

アプリとして完成した後は、実機で体験しながら最終確認を行ないます。単なるシミュレーションとして使用するのか、臨場感の溢れるリアルな描画を追及するのか、実機で仕様に沿う形になっているか確認します。

積木製作は創業以来一貫してハイクオリティ建築CG制作にこだわってまいりました。
建築・不動産という共通分野で必要とされるVR、BIM、点群計測といった領域に事業を拡大してまいりました。
各担当部署のエンジニア、クリエイターが豊富なノウハウを活かして担当致します。
BIM

BIM

VR

VR