デジタル化されたジオラマで大規模開発を円滑に。

大規模な都市開発をVRによって分かりやすくしようと、情報地図を3Dビジュアル化したデジタルコミュニケーションツール。

3Dで緻密に作り上げられた都市空間を、歩行者目線で歩きまわったり、鳥の目線で自由に飛び回ったり、データ化された巨大なジオラマを好きなように眺める事が出来ます。

新しいスマートシティの開発計画や、2020年開催の東京オリンピックの会場など、複雑な都市計画であってもひと目で把握できるため、イメージの理解共有がしやすく、計画に関わる方々のコミュニケーションを円滑に進められます。

3Dまちナビ

3D空間上にさまざまな情報を表示させて、ランドマークを検索。
目的の建物までの経路をナビゲーションしたり、
最寄り駅までの案内や、災害時の避難場所への誘導など、
多彩な情報を分かりやすく伝える事が出来ます。

Webリンク機能

VRコンテンツ上から直接、外部サイトの情報を読み込み。
クラウドサーバー上のデータベースと連携する事で、
リアルタイムで多彩なコンテンツ情報を取得。
常に新しいインフォメーションへの更新を可能にします。

ビューモード切替

全体を鳥の目線で一望できるフライスルーモードと、
歩行者の目線でリアルなスケール感を感じられるウォークスルーモード。
2種類のビューモードを任意に切替えて自由に閲覧できます。
ウォークスルーではスライダーで移動速度を変更可能。
歩行者の歩みから、自動車の走行速度まで、
広い範囲を移動するCityViewerならではのオプション機能です。

誰にでも分かりやすい情報提示

私達は2020年に控える東京オリンピックに向け、VRによるスマートナビゲーションの導入を推進します。

東京の各所に散在する施設をスマートに巡るために、海外旅行者でも分かりやすいナビゲーションを提供。
駅前や商業施設などの街頭に設置されたデジタルサイネージと連携すれば、大画面で詳細情報を閲覧
スマートフォンに情報を共有すれば、ナビゲーションとして活用できる、そんな未来がすぐそこまで来ています。

VRが見せる一歩先の街づくり。

より良い街づくりを目指すスマートフォン計画。
構想段階の都市計画を仮想空間に構築し、街全体を俯瞰したり、
地面に降り立って歩きまわったり、交通の流れをシミュレートして利便性や安全を確認したり。
仮想空間の中でバーチャル体験すれば、具体的な街の姿が見えてきます。
街づくりにおける問題点を課題を具現化し、スマートな解決に向けてVR CityViewerがサポートします。

プロジェクトを見える化し、計画に関わる全ての人たちが、コミュニケーションを円滑に進めるための支援システムです。