Loading...

コンテンツ017 船内作業中の危険体験 転落・スナップバック・荷落下・火災

監修:株式会社商船三井
©2017株式会社商船三井

教育・訓練VR
フルCG

船上、船内で起こりがちな労働災害を4種、体験可能としたVR教育システム

本システムは株式会社商船三井様に監修頂き船上、船内で起こりがちな労働災害を4種体験可能としたVR教育システムとなっています。体験内容は船内での転落、クレーン吊り荷落下、火災発生時の対策、スナップバック体験の4種となります。
高い臨場感と没入感を持つVR技術を利用することで、現実では体験が難しい訓練や経験の疑似体験を実現しました。持ち運びしやすいゴーグル型VRを採用し、船内やオフィスなど、場所を問わない安全教育を可能にしました。動画視聴タイプの体験となっている為、着座による体験が可能となっており、広いスペースを確保する事なく教育が可能です。
不安全行動によって発生する船内での事故を、VR技術を利用してリアルに再現し、安全対策を明示することにより、乗組員の安全意識を向上させ、船内事故の根絶に繋げていきます。

教育のねらい
<転落>高所作業の恐怖を再認識すると共に、手摺の持ち方や高さの設定等の標準的な規則を学習します。
<クレーン吊り荷落下>吊り荷作業中の規則、落下物を間近に感じる事で、危機意識の向上を促します。
<火災発生時の対策>火災発生時の煙の見え方を確認し、取るべき対策を学習します。
<スナップバック>主観視点でのスナップバック体験を通して危機感を醸成すると共に、第三者視点を用いてタグラインの届く距離を説明、学習します。

商船三井様では本システムを2017年に初めて導入し、社内教育において活用中です。継続的にコンテンツの追加を実施頂いています。

商船三井様プレスリリース
ゴーグル型VR(仮想現実)による乗組員安全教育ツールを開発
~ 最先端の技術により労働災害事故の根絶を目指す ~
https://www.mol.co.jp/pr/2017/17087.html

ゴーグル型VR(仮想現実)による乗組員安全教育ツールコンテンツを2件追加
~ VRの高い臨場感と没入感を活かし、「クレーン吊り荷落下」「火災発生時の対策」の教育を図る ~
https://www.mol.co.jp/pr/2018/18082.html

ゴーグル型VR(仮想現実)による乗組員安全教育ツールに「スナップバック」コンテンツを追加
~ VRの臨場感を活かした教育コンテンツを拡充 ~
https://www.mol.co.jp/pr/2018/18099.html