Loading...

デザイン過程の意思決定における
革命的なVRコミュニケーション

既存の3Dデータを活用しVRでプレゼンテーション。

CADやBIMで構築された三次元設計情報を元にVR対応3Dモデルとして再構築。
お手持ちの3Dデータを活用して手早く最小限のコストでVR化します。
PCを必要としないスタンドアロン型VRヘッドマウントディスプレイで
手軽なプレゼンテーションが実施できます。

BIMデータを最大限に活用

意匠から設備、構造、施工、コスト管理まで、建築に必要な情報を統合管理した総合情報構築システムであるBIM (Building Information Modeling)から意匠に関わる 3D モデルのみを抽出し、効率的にVR閲覧環境を構築します。
3Dデータを受領してから早ければ数日で制作作業が完了し、意思決定の速度を損なうことなく設計内容の確認、共有が可能になります。

マルチプレイに対応した
VRコミュニケーションツール

VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を人数分用意すれば、複数人が一緒に同一空間に入る事も可能です。VR体験者が見ている映像は外部モニターに転送し、体験者以外にも映像を共有してのプレゼンテーションを行えます。

PCレスで手軽にVR体験
スタンドアロン型HMD対応

体験にはLenovo Mirage Solo with Daydream を使用。
PC を必要としないため、ケーブルレスで手軽に3Dデータを閲覧できます。辺りを見回す頭部の動きに加え、前後左右、上下への移動を検知することが出来る6軸トラッキング(6DoF)に対応。
空間内を歩き回って、見上げる、近づく、覗きこむというデザイン確認に必要な動きを可能とし、高い没入感を提供します。