Unity シェーダー 頂点情報

Unityシェーダーチュートリアル  Vertex Shader / 頂点情報

シェーダー

前回、Vertex/Fragment Shader の基本について書きましたが、

今回は、よく使うUVや頂点カラーなどの頂点情報をどのように設定するのかを説明したいと思います。

 

 UV

モデルのUV1とUV2を使用するシェーダーコードです。

 

 appdata

UVを取得するときは以下のようにします。


struct appdata {

float4 vertex : POSITION;    // お決まり

float2 coord1 : TEXCOORD0;

float2 coord2 : TEXCOORD1;

};

 

変数名である coord1 と coord2 は、何でもかまいません。

(uv1 uv2 にすると後で混乱しそうなので、敢えてこうしました。)

そして、UV1を取得するためのセマンティクスは、TEXCOORD0

UV2のセマンティクスは、TEXCOORD1 です。

 

 v2f

appdata で使用を宣言した、頂点座標(vertex)、UV1(coord1)、UV2(coord2)を、

Vertex/Fragament Shader で、実際に使うための変数を用意します。


struct v2f {

float4 vertex : SV_POSITION;    // お決まり

float2 uv1    : TEXCOORD0;

float2 uv2    : TEXCOORD1;

};

 

appdata のときと同様に、TEXCOORD0 TEXCOORD1 のセマンティクスを付けて、

UV1とUV2を格納する変数を用意します。(変数名は何でも良い)

 

 vert(Vertex Shader)

vert関数内で、v2f で宣言した変数に、appdata で取得した頂点情報を流します。


v2f vert (appdata v) {    // appdata で指定した情報を使用するよ

v2f o;

 

o.vertex = UnityObjectToClipPos(v.vertex);    // 頂点座標(appdata の vertex)を元に、画面での頂点位置を計算してね

o.uv1    = v.coord1;    // UV1(appdata の coord1)を uv1 に入れてね

o.uv2    = v.coord2;    // UV2(appdata の coord2)を uv2 に入れてね

 

return o;

}

 

これで、Fragment Shader(塗りつぶしをする役目)でUV1とUV2が使えるようになります。

 

 frag(Fragment Shader)

v2f で用意した変数を frag で使用するには以下のようにします。


fixed4 frag (v2f i) : SV_Targer {    // v2f には i でアクセスできるよ

fixed4 tex1 = tex2D(_Tex1, i.uv1);

fixed4 tex2 = tex2D(_Tex2, i.uv2);

 

return tex1 + tex2;

}

 

Unity シェーダー UV

Unity シェーダー UV

 

 頂点カラー

モデルに設定された、頂点カラーを使用するシェーダーコードです。

 

 appdata

頂点カラーは、COLOR というセマンティクスを使います。


struct appdata {

float4 vertex : POSITION;     // お決まり

fixed4 color  : COLOR;

};

頂点カラーは RGBA の4つの情報があるので、fixed4 です。(変数名は何でも良い)

 

 v2f

appdata で使用を宣言した、頂点座標(vertex)、頂点カラー(color)を、

Vertex/Fragament Shader で、実際に使うための変数を用意します。


struct v2f {

float4 vertex : SV_POSITION;    // お決まり

fixed4 vColor : COLOR;

};

appdata のときと同様に、COLOR のセマンティクスを付けて、

頂点カラーを格納する変数を用意します。(変数名は何でも良い)

 

 vert(Vertex Shader)

vert関数内で、v2f で宣言した変数に、appdata で取得した頂点情報を流します。


v2f vert (appdata v) {    // appdata で指定した情報を使用するよ

v2f o;

 

o.vertex = UnityObjectToClipPos(v.vertex);    // 頂点座標(appdata の vertex)を元に、画面での頂点位置を計算してね

o.vColor = v.color;    // 頂点カラー(appdata の color)を vColor に入れてね

 

return o;

}

これで、Fragment Shader(塗りつぶしをする役目)で頂点カラーが使えるようになります。

 

 frag(Fragment Shader)

v2f で用意した変数を frag で使用するには以下のようにします。


fixed4 frag (v2f i) : SV_Targer {    // v2f には i でアクセスできるよ

return i.vColor;

}

 

設定された頂点カラーがそのまま出ます。

Unity シェーダー 頂点カラー

 

 おわりに

UVや頂点カラー以外にも使用できる頂点情報はありますが、

ライティングが考慮されない事が前提の、UIやエフェクトなどでは、

あまり使う機会は無い気がします。

 

Unity 公式ドキュメントにも詳しく載っているので、併せて見てみてください。

Unity のマニュアルは、Unityの使い方を学ぶ手助けとなります。Unityを使って 2D や 3D ゲームを作成したり、ゲーム以外のアプリを作成したりして多くの経験を積みましょう。
Show Comments0

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)